歴史

  • 歴史
  • 図柄
  • 彫刻師
  • 木地師

フォトライブラリー

万平ホテルと一彫堂

避暑地軽井沢のスタート

明治~大正時代・一彫堂の場所 避暑地としての軽井沢の幕開けは、1886年(明治19年)英国公使館付宣教師アレキサンダー・クロフト・ショー氏が軽井沢を訪れ、その美しい清澄な自然と気候に感嘆し、家族や友人たちにそのすばらしさを推奨。そしてショー氏が民家を借りて過したのが最初と言われています。

さらに1888年(明治21年)大塚山に別荘を建て、友人たちである宣教師、外交官に紹介したため年を追って宣教師、外交官などが別荘を建てるようになりました。

軽井沢彫のはじまり

別荘が多くなるにつれ、別荘用の家具の需要も急増しました。当時の欧米人たちは、木彫り細工の装飾がほどこされた家具を好みました。そこで、その頃日本で最も華麗な木彫細工の1つを作っていた日光の木彫り職人たちが軽井沢に呼ばれ、欧米人の別荘のために製作した家具が、現在の軽井沢彫の原型です。

当時の職人たちは、西洋家具の形式に日本古来の技法を融和させ、独特の家具を造り出しました。現在もその技法は軽井沢彫りとして長野県伝統工芸品の指定を受け、代々引き継がれています。

このページの上部へ