彫刻師

  • 歴史
  • 図柄
  • 彫刻師
  • 木地師

フォトライブラリー

万平ホテルと一彫堂

1

木地師の制作した家具を彫刻するため分解する。

2

下絵  家具の寸法や注文の彫刻柄など様々な要望に叶うように下絵を描く。

3

ノミ打ち  下絵に従って花びら・葉などに合う丸たたきノミを使い打っていく。
たたきノミの写真

3

さらい彫り  彫刻柄を浮かすためノミ打ちの周りを平刀や刃の狭い彫刻刀で
さらい彫りして深さを均等に仕上げる。平刀の写真

5

仕上げ彫り 花びらや葉などを幅が広く浅い丸刀で彫り込み奥行を出す。
浅丸刀の写真

6

ひっかき彫り  花びらの雄しべや葉脈など細かい線をひっかき刀で手前に引きながら柔らかな曲線を表現していく。 ひっかき刀の写真

7

星打ち  彫刻して浮き上がった模様の周りや花びらの雄しべを三つ星で打ち、さらに彫刻柄を浮き出させる。 星打ち刀の写真

このページの上部へ